子供のふくよか都度の決断・計算方法

2017-03-29

“子供はちょい弱太ったとしても、成長期それで大した問題ではないと考えているほうがいる。但し、ポッチャリや痩せすぎは成長にとってもボディーにとっても良くないので、過度なポッチャリ・痩せすぎは良くありません。それを分かりやすく数値化したのが肥満ごとだ。大人にもありますが、子供の場合は計算方法が異なります。

とても、生後3ヶ月から5年代までの赤ん坊の場合、肥満ごとはカウプ指数で表します。カウプ指数の計算方法はウェイト(kg)÷身長(cm)2×(10×10×10×10)だ。

こういう指数が15から18未満は円滑で、15未満はやせ、18以上は太り気味になります。そうして、小・中学生の場合はローレル指数で肥満ごとを表します。ローレル指数の計算方法はウェイト(kg)÷身長(cm)3×(10×10×10×10×10×10×10)だ。こういう指数が115から145未満なら円滑で、115未満はやせ、145以上は太り気味になります。
子供の肥満
このように子供は層により、肥満ごとのカウント施策、数が異なります。赤ん坊の健やかな成長のためにも普段から気にして、痩せ気味の場合は栄養失調というならないように、太り気味の場合はカロリーを抑えて運動をするようにして授けることをおすすめします。”